【追加開催】法隆寺 1300年の歴史を甦らせた男 西岡常一

【追加開催】法隆寺 1300年の歴史を甦らせた男 西岡常一
日時
7/3(日)
午前10時~11時30分

※6月26日開催予定の「法隆寺 1300年の歴史を甦らせた男 西岡常一」が大変多数のご応募をいただいておりますため、追加開催を決定しました。
※本講座は6月26日開催の同講座と同じ内容となります。

日本最古の建造物である法隆寺や薬師寺の西塔の改修、再建を行った宮大工棟梁・西岡常一の人間模様にフォーカスし、1300 年の歴史的建造物によせた執念、信念、木への想い、数多い名言、或いは再建時のエピソード等を通じ、日本の歴史的建築物の魅力を学びます。また、宮大工の鋸などの使用体験など行います。

今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、中止や変更になる可能性があります。感染防止のため、マスクの着用、手指の消毒、自宅での検温をお願いします。体調が悪い方、37.5℃以上の熱がある方は、参加をご遠慮ください。

講師 谷川 一雄氏(木組み博物館館長、学芸員、一級建築士)
会場 5階・研修室1
対象 16歳以上の方
定員 55人(先着順)
費用 受講料:一律800円
申込方法 6/4(土)よりお電話または窓口・インターネットにてお申し込みの上、講座当日に費用のお支払いをお願いします。この講座はお1人ずつのお申込みとなります。 申込の詳細はこちら

申込みはこちら「足立区講座予約システム(外部サイトへリンク)」