【あだち区民大学塾】「日本書紀」編纂1300年 真偽を読み解く(3日制)

【あだち区民大学塾】「日本書紀」編纂1300年 真偽を読み解く(3日制)
日時
2/7(火)・14(火)・21(火)
【全3回シリーズ】
午後2時~4時

奈良時代、天武天皇の名により712年「古事記」、720年「日本書紀」が編纂されました。両書が編纂された背景で内容の差、神武天皇は実在したのか、卑弥呼や邪馬台国はどのように書かれているのか、聖徳太子は十七条憲法や冠位十二階を制定したのか、大化の改新の背景など、近年研究されている諸説を読み解きます。

今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、中止や変更になる可能性があります。感染防止のため、マスクの着用、手指の消毒、自宅での検温をお願いします。体調が悪い方、37.5℃以上の熱がある方は、参加をご遠慮ください。

講師 榊原 金市氏(NPO法人あだち学習支援ボランティア「楽学の会」委員、NPO法人シニア大楽講師)
会場 5階・研修室1
対象 16歳以上の方
定員 50人(抽選)
費用 受講料:一律2,000円受講料は講座初日に会場でお支払いください。
申込方法 往復ハガキ・メールでのお申込みとなります。(1月24日(火)必着)
〜応募方法〜
はがき・メールともに(1)住所/(2)氏名(フリガナ)/(3)電話番号/(4)講座名を明記の上、下記のあて先へ郵送または送信してください。 連名可。返信面には申込者の宛名、宛先を記入してください。応募者多数の場合は抽選となります。 申込の詳細はこちら 【郵送先】
〒120−0034 足立区千住5−13−5
足立区生涯学習センター内あだち区民大学塾事務局
Email:info@gakugaku.main.jp
【本講座へのお問合せ】
あだち区民大学塾:[電話・FAX]03-5813-3759(月〜金、午後1時〜4時)