【あだち区民大学塾】足立の伝統工芸 「匠の技」 (3日制)

【あだち区民大学塾】足立の伝統工芸 「匠の技」 (3日制)
日時
11/15・22・29 いずれも金曜日
【3回シリーズ】
午後2時~4時

江戸時代の足立は四方を川に囲まれて、水運を利用した流通が発達し、大勢の職人たちが移り住み、道具や工芸品を作り出してきました。その「匠の技」は21世紀の現代に引き継がれ、今も名品を作り続けています。足立区伝統工芸振興会会員で東京打刃物・江戸象牙・江戸刺繍の3人の名人技をこの講義でたっぷり堪能してください。

費用 受講料:一律1,500円 初回に会場でお支払いください
講師 川澄 巌氏(東京打刃物)、片山 紀史夫氏(江戸象牙)、竹内 功氏(江戸刺繍)
会場 5階・研修室1
定員 50人(抽選)
対象 16歳以上の方
申込方法 往復ハガキでのお申込みとなります。(11月1日(水)必着)
〜応募方法〜
往復ハガキに(1)住所/(2)氏名(フリガナ)/(3)電話番号/(4)講座名を明記の上、下記のあて先へ郵送してください。 連名可。返信面には申込者の宛名、宛先を記入してください。応募者多数の場合は抽選となります。 【郵送先】
〒120−0034 足立区千住5−13−5
足立区生涯学習センター内あだち区民大学塾事務局
【本講座へのお問合せ】
あだち区民大学塾:[電話・FAX]03-5813-3759(月〜金、午後1時〜5時)