環境と動物にやさしい次世代の食肉!「培養肉」研究最前線

環境と動物にやさしい次世代の食肉!「培養肉」研究最前線
日時
11/23(火・祝)
午後2時~4時

世界的な人口増加に伴う食肉需要の増加や食料品の供給不足、環境問題などの様々な背景により、従来の食肉に代わる環境にも優しい"持続可能な肉"として「培養肉」が注目されています。「培養ステーキ肉」の研究をされている東京大学の竹内教授をお招きし、「培養肉」は食べても問題ないのかなどについて、講演いただきます。

今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、中止や変更になる可能性があります。感染防止のため、マスクの着用、手指の消毒、自宅での検温をお願いします。体調が悪い方、37.5℃以上の熱がある方は、参加をご遠慮ください。

講師 竹内 昌治氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 教授)
会場 5階・研修室1
対象 16歳以上の方
定員 30人(先着順)
費用 受講料:一律800円
申込方法 9/26(日)よりお電話または窓口・インターネットにてお申し込みの上、講座当日に費用のお支払いをお願いします。この講座はお1人ずつのお申込みとなります。 申込の詳細はこちら

申込みはこちら「足立区講座予約システム(外部サイトへリンク)」