対面・オンライン講座 太宰治と日本の近代(3日制)

対面・オンライン講座 太宰治と日本の近代(3日制)
日時
9/4(日)・11(日)・18(日)
【全3回シリーズ】
午後2時~4時

太宰治という作家は、意外なまでに多彩な姿を持っています。今回は、『思ひ出』、『女生徒』、『津軽』という3作品を読み直すことによって、その一端に迫っていきます。
また、それは、太宰が生きた時代や社会―つまり、日本の近代のあり方について深く考えることにもつながっていくはずです。

講師 滝口 明祥氏(大東文化大学 文学部 准教授)
会場 5階・研修室1
対象 16歳以上の方
定員 【対面】40人(先着順)
【オンライン】10人(先着順)
費用 受講料:一律2,400円(教材費込)
申込方法 7月26日(火)よりお電話または窓口・インターネットにてお申込みの上、対面の方は講座初日に、オンラインの方は8/28(日)までに費用のお支払いをお願いします。 この講座はお1人ずつのお申込みとなります。 申込の詳細はこちら
注意事項 オンライン参加の方は、Zoomミーティングを使用します。
講師と受講生が双方向で会話することができますが、講師と受講生の皆さんのお顔と映像が画面に映し出されます。あらかじめご了承ください。
講座参加時のマイクはOFF・ビデオはONの状態でご参加ください。
質疑応答はその時間を設けますので、リアクション機能を使うか、画面で手を挙げてください。 指名された方はマイクをONに切り替えてご質問ください。質問後はマイクをOFFにしてください。

受講の流れや準備、オンライン講座に共通の注意事項など、当センターのHP『オンライン講座について』に掲載していますので、事前にご確認ください。

申込みはこちら「足立区講座予約システム」(外部サイトへリンク)