名曲でめぐる弦楽四重奏の歴史と魅力

名曲でめぐる弦楽四重奏の歴史と魅力
日時
11/26(土)
午後6時30分~8時

現代の私たちにとってはなじみのある弦楽四重奏というスタイルは、いつどのように始まり変化してきたのでしょうか。その歴史を、講座を中心に実演奏を交えて紐解いていく、クラシック音楽ファンならずとも興味深い内容となっています。
※講座形式で行われるもので、演奏のみのコンサート形式ではありません。

今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、中止や変更になる可能性があります。感染防止のため、マスクの着用、手指の消毒、自宅での検温をお願いします。体調が悪い方、37.5℃以上の熱がある方は、参加をご遠慮ください。

講師 吉野 駿氏(ヴァイオリニスト、指揮者、ジュリアード音楽院(予科)、桐朋学園大学音楽学部卒)
演奏 メルヴィル弦楽四重奏団
会場 4階・講堂
対象 16歳以上の方
定員 150人
費用 受講料:一律1,200円
申込方法 9/26(月)よりお電話または窓口・インターネットにてお申し込みの上、講座当日に費用のお支払いをお願いします。この講座はお1人ずつのお申込みとなります。 申込の詳細はこちら

申込みはこちら「足立区講座予約システム(外部サイトへリンク)」