東京電機大学コラボ事業「平成の災害対策の進化と課題」講座関連展示会

東京電機大学コラボ事業「平成の災害対策の進化と課題」講座関連展示会
日時
3/6(金)~10(火)
午前9時~午後7時

3/7(土)午後1時以降、3/8(日)は閉館

平成の時代は、3.11、記録的な豪雨、強烈な体風、酷暑など甚大な自然災害が続き、大きな被害をうけました。こういった甚大な自然災害が続き、大きな被害をうけました。こういった甚大な自然災害や異常気象から、日本の都市部も地域も高い災害リスクを抱えている、ということを改めて認識させられます。あわせて地球温暖化による異常気象も実感します。あらためて、「平成」の災害を振り返り、災害に対する意識を高めていただくために「平成の災害展」を開催します。

講座「平成の災害対策の進化と課題」(3/7(土)午後2時~3時30分開催)は有料(500円)上記の講座はコロナウィルス感染防止のため開催中止となりました。

会場 東京電機大学 1号館1階電大ギャラリー
対象 どなたでも
定員 特になし
費用 無料
申込方法 当日、会場にお越しください。