【あだち区民大学塾】平安時代の説話集「今昔物語集」の世界を探る(2日制)

【あだち区民大学塾】平安時代の説話集「今昔物語集」の世界を探る(2日制)
日時
3/6(金)・13(金)
【全2回シリーズ】
午後2時~4時

「今は昔」で始まる「今昔物語集」は日本文学史上最大の説話集といわれています。
あらゆる階層の人々が、生き生きと描かれている平安時代末期の群衆の文学です。
現代も語り継がれている「わらしべ長者」などの昔話と能や歌舞伎の素材でもあります。また、芥川龍之介をはじめとする近代の作家たちにも大きな影響を与えました。この説話集が現代も語り継がれている魅力は何か。「今昔物語集」を読み解きその奥深さを探ります。

講師 竹石 たか枝氏(中世文学会 会員)
会場 5階・研修室1
対象 16歳以上の方
定員 50人(抽選)
費用 受講料:一律1,000円
申込方法 往復ハガキでのお申込みとなります。(2月21日(金)必着)
〜応募方法〜
往復ハガキに(1)住所/(2)氏名(フリガナ)/(3)電話番号/(4)講座名を明記の上、下記のあて先へ郵送してください。 連名可。返信面には申込者の宛名、宛先を記入してください。応募者多数の場合は抽選となります。 【郵送先】
〒120−0034 足立区千住5−13−5
足立区生涯学習センター内あだち区民大学塾事務局
【本講座へのお問合せ】
あだち区民大学塾:[電話・FAX]03-5813-3759(月〜金、午後1時〜5時)