【あだち区民大学塾】足立の伝統工芸 三味線と篠笛(2日制)

【あだち区民大学塾】足立の伝統工芸 三味線と篠笛(2日制)
日時
3/22(金)・29(金)
午後2時~4時

江戸時代の足立区は、川運が発達していて、日光街道や千住宿の繁栄と同時に流通の拠点となっており、多くの職人が道具や工芸品を作っていました。その「匠の技」は21世紀の現代にも引き継がれています。足立区伝統工芸会の会員で東京三味線と江戸和笛を作り続けるお二人の名人技と演奏体験を楽しんでください。

今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、中止や変更になる可能性があります。感染防止のため、手指の消毒、自宅での検温をお願いします。体調が悪い方、37.5℃以上の熱がある方は、参加をご遠慮ください。

3/22 ①三味線は舞台芸能の華 津軽三味線の迫力と演奏体験

3/29 ②篠笛は祭囃子の華 独自の製造技術と演奏体験

講師 ①鈴木 裕一氏(創業120年 美鈴屋三味線店 三代目) ②大塚 敦氏(獅子田流笛師 大塚竹管楽器 四代目)
会場 5階・研修室1
対象 主に区内在住、在勤、在学者
定員 30人(抽選)
費用 受講料:一律1,500円受講料は初日に会場でお支払いください。
申込方法 往復ハガキ・メールでのお申込みとなります。(3月8日(金)必着)
〜応募方法〜
はがき・メールともに(1)住所/(2)氏名(フリガナ)/(3)電話番号/(4)講座名を明記の上、下記のあて先へ郵送または送信してください。 連名可。返信面には申込者の宛名、宛先を記入してください。応募者多数の場合は抽選となります。 申込の詳細はこちら 【郵送先】
〒120−0034 足立区千住5−13−5
足立区生涯学習センター内あだち区民大学塾事務局
Email:info@gakugaku.main.jp
【本講座へのお問合せ】
あだち区民大学塾:[電話・FAX]03-5813-3759(月〜金、午後1時〜4時)