対面・オンライン講座 海の藻類が地球を冷やす【あだち100年大学】

対面・オンライン講座 海の藻類が地球を冷やす【あだち100年大学】
日時
4/20(土)
午前10時~正午

雲には、太陽光の一部を反射して地球の温度を適度に冷やす役割があります。雲が作られるには、大気中に微小粒子が必要となりますが、海の藻類は微小粒子の元になる化合物を生成しています。
雲の形成に深くかかわっている海の藻類について最新の研究成果を踏まえて紹介します。

本講座は「あだち100年大学」の対象講座です。詳しくはこちら

今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、中止や変更になる可能性があります。感染防止のため、手指の消毒、自宅での検温をお願いします。体調が悪い方、37.5℃以上の熱がある方は、参加をご遠慮ください。

講師 古賀 聖治(国立研究開発法人産業技術総合研究所 ブランディング・広報部)
会場 5階・研修室1
対象 16歳以上の方
定員 【対面】30人(先着順)
【オンライン】10人(先着順)
費用 無料
申込方法 2/26(月)よりお電話または窓口・インターネットにてお申し込みください。この講座はお1人ずつのお申込みとなります。 申込の詳細はこちら
注意事項 オンラインで受講の方はZoomウェビナーを使用します。
受講の流れや準備、オンライン講座に共通の注意事項など、当センターのHP『オンライン講座について』に掲載していますので、事前にご確認ください。

申込みはこちら「足立区講座予約システム(外部サイトへリンク)」